節税についてのお悩みtrouble

事業主がいつも考えるのが、「儲け」と「税金」のこと。税金は少ないほうがいいので、あれやこれやの節税方法を考えるのですが、メリットもあればデメリットもあります。想定外のデメリットを経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

節税についてのお悩み

1.節税目的で保険に入ったけど、保険料払ってお金が減った。本当に得しているのかな?
2.節税目的で中小企業倒産防止共済入りましたが、今後あまり利益が出そうにないので解約しようとしたら元本割れすると言われて困っています。
3.毎年利益が増えていたので、今期から役員報酬を挙げたところ、法人税より個人の所得税のほうが大きくなってしまって困っています。
4.節税ばかり考えていたら、自己資本が減って、使える資金も少なくなってしまった。大きな設備投資が必要なのに銀行から融資してもらえなくて困っています。
5.節税も兼ねてマンション経営していますが、最近節税効果がなくなってきて困っています。

相談事例

1.節税目的で保険に入ったけど、保険料払ってお金が減った。本当に得しているのかな?

勧められるまま、昨年から経営者保険に入り、利益のほとんどを保険料として支払いました。節税にはなったのですが、毎年同程度の利益が出るとは限らず、保険料が大きすぎたと後悔しています。2年目や3年目で解約すると節税効果以上にお金が無くなることになりますので、どうしたらいいのか困っています。


2.節税目的で中小企業倒産防止共済入りましたが、今後あまり利益が出そうにないので解約しようとしたら元本割れすると言われて困っています。

利益がでた年度の節税対策で、月掛金最大の20万円を12カ月一括払いで倒産防止共済に入りました。加入2年目の今季は利益が出ず、来期以降も見込みが立たない状況なので解約しようとしましたが、加入40カ月未満は8割しか戻りません。無理に続けて、返戻金を受け取っても収益となって、結局税金がかかるということです。意味があったのでしょうか?


3.毎年利益が増えていたので、前期から役員報酬を上げたところ、法人税より個人の所得税のほうが大きなってしまって困っています。

業績が順調だったので、節税目的もあり役員報酬を上げたのですが、充分な検討をしないまま金額を決定したところ、法人税率より個人の所得税率が高くなってしまい、税金全体で見ると節税効果はマイナスになりました。会社の損益の見栄えも悪いので、元に戻したいのですが、住民税など影響を引きずるものもあり、困っています。


4.節税ばかり考えていたら、自己資本が減って、使える資金も少なくなってしまった。大きな設備投資が必要なのに銀行から融資してもらえなくて困っています。

いくつもの方法を使って節税していましたが、赤字決算になることもあり自己資本が減っています。節税のつもりでしたが、現金流出も多くなってしまいました。いま、事業用機械の更新期を迎えていて設備投資資金が必要なのですが、財務諸表の数値が悪く、銀行から必要額の半分程度しか融資してもらえず、困っています。


5.節税も兼ねてマンション経営していますが、最近節税効果がなくなってきて困っています。

節税効果と高利回りに誘われてマンション経営を始めたのですが、最近節税効果が小さくなってきました。最初のうちは初期投資や借入金利息などの負担で赤字になり、給与所得との合算で源泉所得税が還付されていたのですが、最近は、事業所得計算上の経費が減っていて、どうやったら節税効果が上がるか分からず困っています。






ラボン博士のお役立ちコラム